スティック型で小さいけど パソコンと同じなの?

 

こんなに小さくて、ガラゲーを開いた位の大きさで 果たしてどれ位の性能が有るのか?   まさかこれがPCと同じような 働きを

するとはとても思えませんね!

そんなこんなで 今回はこの小さくてカワイらしいスティック型PCについて お話します。  まず初めにテレビやPCモニターへ接続して利用するタイプの

物なのですが、この小さいボディからは 想像もつかない程の性能です。



 

発売から2年更に性能と使い安さ向上へ

 

2015年れた物はユーチューブ動画の再生位ならばサクサク動くので普通のPCの様に使えると思うのですが、グーグルクロームなどを入れて

普通の自宅PCの様に扱うと、少し動きが遅くなるような、ワンテンポ遅れる様な感じになります。気になる方は気になるし、細かな事を気にしないかたであれば

十分な動きなのではないでしょうか。  ストレージの容量が足りない分は マイクロSDカードで補う事も出来るので、ネットさーフィンや動画再生など、ごく普通の

使用であるならば これで十分だと思います。

 

発売当初の参入メーカ

マウスコンピューター
サードウェーブデジノス(ドスパラ)
インテル
レノボ
ZOTAC
ASUS

 

発売当初の主なスペック

 

 

OS:32bit版 Windows 8.1 or 10
CPU:Atom Z3735F(1.33-1.83GHz、4コア、2MB、SDP2.2W)
グラフィック:インテル HD グラフィックス
メモリ:2GB(DDR3L、1333MHz)
ストレージ:32~64GB(eMMC)
無線:IEEE802.11b/g/n、Bluetooth 4.0LE
有線:USB2.0x1~2、HDMI出力 ※有線LAN無し

 

 

進化を続ける高性能小型スティックPC

 

2017年も後半小型スティック型のPCはどれ位の 使い安さとスペックを上げたのでしょう?

代表的な製品の現在のスペックを見てみましょう!



 

STK2m3W64CC
サイズ W114×D38×H12mm
重さ 約60.2g
OS Windows 10 Home
CPU Core m3 6Y30
(2コア4スレッド 900MHz/最大2.2GHz)
メモリ 4GB(LPDDR3-1866)
ストレージ 64GB eMMC
グラフィクス インテルHD515
インターフェース USB Type-C、USB3.0、HDMI、
MicroUSB(充電用)
外部メモリ microSD(XC対応)
Wi-Fi規格 IEEE802.11b/g/n/ac
Bluetooth 4.2
付属品 HDMI延長ケーブル、USB type-Cケーブル
保証 3年
価格 45,613円(税込)~

CPUやメモリ ストレージの容量もアップしていますね! OSもWIN10対応です 旧モデルでは WIN8対応の物もあり WIN10へのアップが

容量不足でかなり時間がかかったようです。   そんな心配も現モデルではむようなのです。

【レイコップ】安心の2年保障は公式ストアだけ!

 

スティック型PC どんな使い方が出来るのか

使用方法なのですが HDMI端子付きのテレビモニターやPCモニターなど このPC本体だけでは起動はしますが マウスやキーボードがなければ操作は出来ません

キーボードをセットにしたものも販売しているようですが多くは本体のみの 販売ですので キーボード マウス利用の方はマウスもご用意してください。

キーボードやマウスは無線LanやBluetootも搭載しているので Wi-Fiの環境が有れば 無線で使えます。したがってWi-Fi環境が無ければ

使えないって事です。しかし 有線でも工夫1つで使う事も出来るのです。

メインのPCの故障などの場合や キーボードの 動きが悪いのが気になる方などは有線でキーボードとマウスを使用する方もいます。

メインのPCにしている方もいる様です。 この方法は HDMI端子の増設をして利用したりします。

ただし メインのPCとしての利用は 高い容量の使用とか長時間の使用では 熱処理に問題があり 個々でその解決をしなければなりません

最新の小型スティックPCには 冷却ファーン内臓の物も有りますが、環境や使用時間負荷のかけすぎにより ブローしてしまう事も有ります

なので ベテランユーザーは 自作ファーンやその他の冷却方法などで本体を冷やして使用している方もいるようです。

普通の環境で普段使いならば 何も問題なく使用できますので とても便利な優れモノだと思います。長期の出張や旅行なっどには 大変便利

で役立つと思います。

※プロジェクターに接続して使用する!  会議のプレゼンなどでプロジェクターを使用するときなどは 重たいPCに比べポケットに収まるので楽々移動

出来 プロジェクターに直接接続して使用できます。

※使用頻度の低い方などは 家のテレビに接続して PC利用したり動画を再生したり出来ます。超コンパクトなので、場所を取りません

※ 消費電気代が激安で 一月つけっぱなしでも 約70円程度の省電力なので このような特性を生かして ウェブカメラ接続して

防犯カメラにしたり 自家製サバーにしたりと 利用価値は未知なのです!この場合外付けのHDが必要

 

スティックPC メリット デメリット

 

メリット

※小さくて軽い 持ち運びに ストレスフリー

※消費電力が少ない

※価格が一般PCより安い

※ホテルや滞在先でも動画が見れる

※静音性に優れている ファーンのない物は無音

 

デメリット

※低価格のものは動作が重い

※ファーンの音が気になる機種もある

※熱に弱い

※別途で マウス キーボードが必要

※電源が必要

などと 挙げられていますが、メリットはさらに良く デメリットも改善が進んでいる模様です。 近い将来もっと優れたものに変わっていくでしょう!


 

人気の機種ベスト5

メーカーも性能も大差がないと 言われる人もいますが人気度を発表します。

5位:Intel BOXSTK2M3W64CC

4位:Intel Compute Stick BOXSTK1AW32SC

3位:Dospara Diginnos Stick DG-STK3

2位:Dospara Diginnos Stick DG-STK3 Microsoft製 無線キーボードセット

1位:MouseComputer MS-NH1-W10

この様な結果が出ましたが この結果は性能もさることながら 購入し易い価格の方が勝っているように 思えます。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

まとめ

 

10年も前なら考えられなかった超小型のPC しかし各メーカの技術は思いのほか進んでおり更なる進化をしていくのであろう

そして 今の使い方に少し知恵を入れてあげれば 使用の便利さや 性能の向上も 更なる使い方にも利用できるのでしょう

後の5年後10年後の製品が楽しみに思えます。

中古パソコン くじらや

アフィリエイトのアクセストレード



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です